HOME >> 教育・研修

教育・研修

信州大学行動臨床心理学研究室では、認知行動療法(Cognitive Behavior Therapy:CBT)を提供できる専門家の育成と研修に取り組んでいます。日々来談されるクライエントへの支援の出発点となる教育・研修は、私たちの研究室が最も大切にしている活動のひとつです。

長野県を中心として、「大学院での教育」、「専門家向けのSV・研修会」、そして「市民向けの講演・研修会」という3つの場で、教育・研修活動に取り組んでいます。

 

大学院での教育

「心理士としてクライエントの支援をしていきたい」「心理士としての知識と資格を手に入れて,今の仕事に活かしたい」

そんな思いで大学院に進学された方を対象に、認知行動療法の観点から、心理士として自立するための基礎教育を行なっています。
信州大学大学院教育学研究科(学校教育専攻、臨床心理学専修)は、日本臨床心理士資格認定協会が認定する第一種指定大学院です。修了後は直ちに、臨床心理士資格認定試験を受験できます。

専門家向け 研修会・SV(スーパービジョン)

教師や看護師、保健師、法務技官といった各分野の専門家を対象として、認知行動療法に関する研修会や SVを実施しています。もちろん、教育や医療、福祉などに携わる心理士の方への研修会やSVも、随時実施しています。

 市民向けの講演・研修会

「働く人のストレス対策」や「子育て」,「思春期のストレス」など

認知行動療法を活かしたサポートや解決の実際を、わかりやすくご紹介しています。「最近よく聞く認知行動療法って何? どんなことをするの?」という疑問にお答えします。

(最終更新日:2017年4月18日)
▲ ページの先頭へ
Copyright © 2011 Fumito Takahashi All rights reserved.