HOME >> 専門家向け 研修会・SV(スーパービジョン)

専門家向け 研修会・SV(スーパービジョン)

長野県を中心として、認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy:CBT)に関する研修会・SVの機会を広めています。長野県で認知行動療法を求めるクライエントのためにも、この研修機会をぜひ活用してください。

*認知行動療法に関する講演・研修会等の依頼は、こちら からお願いいたします。

*過去に実施された主な講演・研修会はこちら(教員のプロフィール)

 

ながの認知行動療法研究会

年4回程度、主に長野市や松本市にて、事例検討会や認知行動療法のワークショップ等を開催しています。参加費は一回につき500円です。心理士、精神保健福祉士、医師、看護師、作業療法士など、医療機関や相談機関に勤務されている専門職の方であれば、どなたでもご参加いただけます。

<今後の開催予定>

2017年5月(詳細は未定)
■場 所 : 参加申込をいただいた方のみにお知らせしています。
■内 容 : 集団事例検討会

2017年7月(詳細は未定)
■場 所 : 参加申込をいただいた方のみにお知らせしています。
■内 容 : 集団事例検討会

2017年9月(詳細は未定)
■場 所 : 参加申込をいただいた方のみにお知らせしています。
■内 容 : 集団事例検討会

2017年11月(詳細は未定)
■場 所 : 参加申込をいただいた方のみにお知らせしています。
■内 容 : 集団事例検討会

2018年1月(詳細は未定)
■場 所 : 参加申込をいただいた方のみにお知らせしています。
■内 容 : ワークショップ(詳細は未定)

<過去の開催実績>
第1回 「認知行動療法の基本的発想とその適用範囲」(2009年12月、松本市)
第2回 「行動療法の細かなコツ-不安障害に対する曝露療法のポイント-」(2010年 3月、松本市)
第3回 「認知療法の細かなコツ-うつ病に対する認知再構成のポイント-」(2010年 5月、長野市)
第4回 「うつ病に対する集団認知行動療法」(2010年 8月、塩尻市)
第5回 「広汎性発達障害に対する行動療法」(2010年11月、長野市)
第6回 「不安・恐怖症に対する行動療法」(2011年 2月、松本市)
第7回 「攻撃行動に対するセルフコントロール支援」(2011年10月、長野市)
第8回 「『頭が真っ白になる』怒り感情への対応」(2012年 2月、長野市)
第9回 「強迫性障害に対するCBT(1)技法実施前の準備と見立て」(2012年11月、松本市)
第10回 「強迫性障害に対するCBT(2)エクスポージャー法のコツ」(2012年12月、松本市)
第11回 「多職種との協働に活かす認知行動療法」(2013年2月、長野市)
第12回 「認知行動療法の事例検討をはじめよう」(2013年6月、松本市)
第13回 集団事例検討会(2013年9月、長野市)
第14回 「動機づけ面接法(1)”頑なな事例”への対応の基礎」(2013年11月、松本市)
第15回 「動機づけ面接法(2)チェンジ・トークを呼び覚ます」(2014年2月、長野市)
第16回 集団事例検討会(2014年5月、松本市)
第17回 集団事例検討会(2014年7月、長野市)
第18回 集団事例検討会(2014年9月、松本市)
第19回 集団事例検討会(2014年11月、長野市)
第20回 「認知行動療法の短時間面接」(2015年1月、松本市)
第21回 集団事例検討会(2015年5月、松本市)
第22回 集団事例検討会(2015年9月、長野市)
第23回 集団事例検討会(2015年11月、長野市)
第24回 「症状とQOLのアセスメント」(2016年1月、長野市)
第25回 集団事例検討会(2016年5月、松本市)
第26回 集団事例検討会(2016年7月、長野市)
第27回 集団事例検討会(2016年9月、松本市)
第28回 集団事例検討会(2016年11月、長野市)
第29回 「不安症の子どものための認知行動療法」(2017年1月、長野市)

≪日本臨床心理士資格認定協会の助成金によるうつ病への対応力向上プロジェクト≫
うつ病の認知行動療法にテーマを絞って、2011年 4月から6ヶ月間連続の研修プロジェクトを、日本臨床心理士資格認定協会の助成を受けて実施しました。

  • 研究会に参加してみたい方や、研究会の情報が欲しい方は、研究会事務局までメールにてご連絡ください。その際、(1) お名前、(2) ご所属、(3) 職種、(4) 連絡先をメール本文にご記入ください。次回以降のご案内を、メールにてお送りいたします。
  • 連絡先 : nagano.cbt●gmail.com(●を@に変換してください)

 

認知行動療法スーパービジョン(SV)

「自分がやっていることは認知行動療法で良いのだろうか?」

「本を読みながら認知行動療法をしているけど、イマイチ自信がない」

認知行動療法を専門とする教員が、現実の事例に関するSVを通して、皆様の施術をしっかりとサポートいたします。長野県で認知行動療法を求めるクライエントのためにも、この研修機会をぜひ活用してください。これまで、認知行動療法スーパービジョンでは、以下のようなご相談をお受けしてきました。

  • 「今担当しているケースについて相談したい」
  • 「認知行動療法の技法(例:認知再構成法、エクスポージャー法)を練習したい・教えてほしい」
  • 「クライエントに合ったワークシートを臨機応変に作れるようになりたい」
  • 「メンタルヘルス研修の講師をすることになったが、うまくできるか心配だ」

<対面式でのSVを希望する場合>
契約形態     :個人契約
実施場所     :信州大学教育学部キャンパスE406研究室(高橋史研究室)
実施時刻     :平日17~21時 または 土曜日10~12時(応相談)
1回あたりSV時間:60分
1回あたりSV料金:5000円

<インターネット電話Skypeを使った遠隔式でのSVを希望する場合>
契約形態     :個人契約
実施時刻     :平日10~21時 または 土曜日10~12時(応相談)
1回あたりSV時間:60分
1回あたりSV料金:5000円
利用条件1)初回は当研究室までお越しいただき、SkypeでのSVを希望する旨をご相談ください。
利用条件2)資料は、SVの前日までに、レターパックにて郵送してください(メール添付は不可)。
利用条件3)料金は、SVの前日までに、指定の口座に振り込んでください。領収書は、ご要望に応じて発行・郵送いたします。
利用条件4)ビデオ通話ができる環境を用意してください(音声のみの通話は不可)。
利用条件5)その他、当方が必要だと判断したことはその都度お伝えしますので、ご協力ください。

*お問い合わせは こちら からお願いいたします。

 (最終更新日:2017年2月15日)

 

▲ ページの先頭へ
Copyright © 2011 Fumito Takahashi All rights reserved.